08
1
3
4
6
7
9
11
12
13
16
17
19
20
21
22
23
25
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンボールZ劇場版 11~16弾

おはこんばんちはー。遂にドラゴンボールZ劇場版も後編!全部観てきて参りました!劇場版は小さい頃よくTVで観てましたが、後半の劇場版は結構覚えているところがあったり。

あと、ドラゴンボールZ劇場版を昨日14作と書いてありましたが、13作でした。17作目の「最強への道」は初代ドラゴンボールのリメイクでした;すみません!!

後で書き直しておきます!

ドラゴンボールZ後編の劇場版の最初の敵は…ブロリーです。ではどうぞ~!
2011y09m01d_014705040.jpg


・燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
 劇場公開作第11弾。

悟飯の予備校受験のため、悟空は慣れないスーツを着せられチチから厳しく「教育パパ像」を吹き込まれていた。

悟空がそんな目にあっているとは知らず花見を楽しんでいた悟飯達のもとに宇宙船が降り立ち、中から一人のサイヤ人が現れる。彼はパラガスと名乗り、ベジータを新惑星ベジータの王として迎えに来たと言う。最初は興味が無かったベジータだったが、パラガスの「伝説の超サイヤ人を倒し、サイヤ人のかつての栄華を取り戻す」という口車に乗せられ彼とともに宇宙へ飛び立ってしまう。酔った勢いで宇宙船に乗り込もうとする亀仙人やそれを止めようとする悟飯、クリリン、ウーロン、ベジータを連れ戻そうとするトランクスも連れて。

同じころ、面接会場にいた悟空は界王から「大変な事が起きた」と呼び出された。界王によると伝説の超サイヤ人が南の銀河を破壊し、次は北の銀河が狙われているので、その討伐を頼まれたのだった。


・銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴
 劇場公開作第12弾。

賞金1億ゼニーと世界温泉めぐりが懸ったギョーサン・マネー主催の天下一大武道大会に出場した悟飯たち。かつて父・悟空も今の自分のように亀仙流の道着を着て修行に励んでいたと優勝を目指し次々と勝ち進む悟飯。未来から人造人間を倒したことを報告しに来たトランクスやいきなりピッコロと闘う羽目になってしまったが、ピッコロがくだらなさを感じ棄権したために勝ち進んでいくクリリンもそれに続いていた。しかし、ベジータは悟空が死んだショックから立ち直りきれておらず、トランクスの試合をつまらなさそうにテレビで観戦していた。あの世では大会の様子を悟空や界王様も見物していた。同時に会場にいたミスターサタンが地球を救ったことになっていたことも知ったようである。

ついに決勝の組み合わせが決定した大会では、バトルゾーンで銀河戦士[1]と戦い勝って一番初めに戻ってきた人が優勝というルールでの試合が開始された。しかし、その中には正規の選手ではない謎の戦士たちが紛れていた。

通常の選手との違いを感じ取ったクリリンだったが、なすすべなく敗れてしまう。悟飯もほかの選手との違いを感じて戦闘を開始。別の場所で何とか一味の一人を討ち取ったトランクスであったが、その直後に別の仲間に襲われてしまう。

それを見ていた界王様はかつて銀河中を荒らしまわったヘラー一族の生き残りであることを確信する。東西南北4人の界王によって封印されていたが、セルとの闘いで北の界王が死んでしまったために封印が解けてしまったという。悟空が不在の地球を守るべく、悟飯の戦いが始まる。


・危険なふたり!超戦士はねむれない
 1994年3月12日公開。劇場公開作第13弾。

『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』で新惑星ベジータが崩壊した瞬間、一つの宇宙ポッドが惑星から脱出していた。そこに乗っていたのは伝説の超サイヤ人ブロリー。惑星崩壊の直前まで対決し、自らを打ち破った孫悟空を追い、地球に漂着したブロリーであったが、悟空から受けたダメージは想像以上に大きく、そのまま氷の下に閉じ込められてしまう。

7年後、孫悟天とトランクス、そしてミスター・サタンの娘で孫悟飯のクラスメイトであるビーデルはドラゴンボール探しをしていた。それぞれ子供ながらのかわいらしい願い事や単に神龍を見たいというだけといういたって遊び心にあふれた冒険であったが、その途中、謎の異常気象と、巨大な恐竜に苦しむナタデ村に辿り着き、その解決策として生け贄問題に悩む人々と出会う。村の問題は簡単に解決したものの、その時の悟天の泣き声に感応し、氷壁の中に眠っていたブロリーが覚醒してしまう。

彼が7年前、兄や父達を苦しめた伝説の超サイヤ人などということは知らない悟天やトランクス、ビーデルが闘いを挑む。悟天の顔が悟空にそっくりであったために、ブロリーの怒りと憎しみはさらに暴走。戦いの中、7つ目のドラゴンボールも発見。

神龍に願いブロリーを倒してもらおうとするが、ブロリー相手ではそんな隙もなく、大ピンチに陥る。同じ頃、修行中の孫悟飯もただならぬ気を感じ、悟天たちの元へ向かう。トドメを刺される寸前の悟天らを救い、7年ぶりにブロリーと邂逅。父、孫悟空への復讐を遂げに来たのだと理解した悟飯は、父が亡き今、自分が代わってブロリーとの完全なる決着をつける事を決意し一騎打ちを挑むが、以前よりパワーアップしたブロリーに窮地に追い込まれる。だがその時、7つ揃ったドラゴンボールが光を帯びる。


・超戦士撃破!!勝つのはオレだ
 劇場公開作第14弾。

天下一武道会の賞金の取立てを行いにミスター・サタン宅には18号たちが訪れていた。 散々取立てを行ってもまだ賞金が届いていないと言い張るサタンの下にいとこのジャガー・バッダ男爵の使い・メンメンが現れる。 サタンのために用意した戦士と戦えという要求に対していやいやジャガーの下へ向かうサタン。しかし、人造人間18号や同じ場にいた孫悟天、トランクスも付いて行ってしまう。

サタンの弟子として何故か戦うことになった18号たちだが、ジャガーの準備した戦士など彼女らの敵ではなくバイオ戦士たちを一蹴してしまう。 その後、見慣れない施設群に興味津々の悟天たちだったが、そこでサイヤ人と思われる一体のバイオ戦士のカプセルを発見、中にいた戦士がこちらを向いた瞬間に悟天たちは驚愕した。それは前回の戦いで死亡したブロリーのクローン、バイオブロリーだった。

バイオカプセルから出てしまう前にバイオブロリーをカプセルごと破壊しようと試みるも、バイオブロリーは自らカプセルを破り外に出てきてしまう。もはやかつての面影のない不気味な様相となっていたバイオブロリーに、18号が戦いを挑むもバイオブロリーの強さに太刀打ちできずにやられてしまう。

2度も同じ相手にやられてたまるかと、悟天とトランクスは超サイヤ人に変身し、バイオブロリーとの戦いに挑む。


・復活のフュージョン!!悟空とベジータ
 劇場公開作第15弾。

普段のように天国と地獄の管理を行っている閻魔の館で一人の若いサイケ鬼が地獄行きの魂を浄化するスピリッツロンダリング装置のタンクを換え忘れた。満タンになったタンクからは悪の気が漏れ出し、サイケ鬼の体を媒介に、ジャネンバという怪物に変化してしまった。同時に閻魔の館は結界で封じられてしまい、あの世とこの世の秩序がめちゃくちゃになってしまった。

この世ではフリーザなど、かつて倒した悪人達が復活し大混乱。悟飯、悟天、トランクスらが応戦するが、根本的な解決法が分からずにいた。

同じ頃、前回のあの世一武道会のやり直しとして再び行われていた武道会の決勝戦にて、突如謎の結晶体が現れる。閻魔界に異常があることを知った悟空とパイクーハンは閻魔の元へと向かい、結界を破壊しようと試みるも失敗。閻魔から、結界を張った張本人が上にいたジャネンバであると告げられ、ジャネンバ直々の指名もあり、悟空が闘いを挑むことに。

ジャネンバは一見間抜けな姿をしているが、魔法のような不思議な技を自在に操る上に、相手の動きを見切ることに長けているため、悟空はやや苦戦を強いられる。遂に悟空は魔人ブウ戦以来2度目となる超サイヤ人3に変身し、ジャネンバに渾身の一撃を喰らわせる。

ところが、息絶えたかに見えたジャネンバは瞬く間に体を再生させ、より戦闘向きの体となって悟空に襲い掛かった。ジャネンバの実力は悟空の超サイヤ人3の力を持ってしても歯が立たず、大ピンチに。そんな中悟空のピンチに駆けつけたのは、あの世の秩序が乱れたことにより、本来の肉体を取り戻したベジータであった。

一人果敢に立ち向かうベジータだったが、やはりジャネンバに敵うはずもなく、歴然たる実力差を見せつけられたベジータは、死んだ今でもなお悟空に一歩及ばないことを悟り、落胆するのだった。そこで、悟空から最後の手段として、融合技「フュージョン」を提案される。

あの世とこの世の秩序を元通りにすべく、悟空とベジータは、強敵ジャネンバを前にフュージョンを試みるが…。


龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる
1995年7月15日公開。劇場公開作第16弾。

魔人ブウの脅威が去り、グレートサイヤマンの活躍などもあって地球はしばし平和な日々が続いていた。ある日、悟飯とビーデルはいつものようにグレートサイヤマンとしての任務をこなしている最中にホイという老人からオルゴールに封じられた勇者を復活させてほしいと頼まれる。オルゴールを鳴らすことができれば勇者は復活するというが、悟空でさえオルゴールの取っ手を回すことはできず、ならばドラゴンボールに頼んでみようということで神龍を呼び出す。

神龍によって封印を解かれたオルゴールは美しい音色と共に壊れ、そこからオカリナを吹きながら一人の青年が現れた。彼こそホイの言っていた伝説の勇者・タピオンであった。タピオンのその雰囲気にトランクスは興味津々でついてまわるが、そこでホイの不審な動きも目撃する。その後打ち解けたトランクスとタピオンはカプセルコーポレーションで一緒に兄弟のように住み始めるが、実はタピオンには恐ろしい秘密が隠されていた。かつてコナッツ星を襲った幻魔人ヒルデガーンが彼の体内に封じられていたのである。

ブルマの提案で封印されていたオルゴールを再現するも、先に封印の解かれた下半身と引き合う力を止められず、ついにヒルデガーンは復活してしまった。悟空達と、幻魔人ヒルデガーンとの戦いが始まる。


これで一応終わり…なのかな?昨日よりも長くなってしまい途中で飽きてしまって飛ばした方もおられるでしょうが、ご拝見ありがとうございました!お疲れ様です!

この後編でブロリーの出てくる劇場版が3作ありました。意外に出てるのですね。

個人的にネタ回だと思えたのは「復活のフュージョン!悟空とベジータ」ですね。敵が敵というのもありましたが、パイクーハンの顔芸、失敗作のゴジータ、極めつけはベジータのツンデレ。。。

ベジータ「キッ!貴様と融合するくらいなら、俺はタヒを選ぶ!」

 悟空 「フッ…ベジータお前、もうタヒんじまってんだぞ!」

ベジータ「……………」←顔をヒクヒクさせながらw

ベジータ「貴様とフュージョンすることなど、絶対に出来ん!」

その後、敵の攻撃を受け、悟空は避けるものの、ベジータは直撃して

ベジータ「クックゥウウ…あの世に来てまでも…お、俺はカカロットに劣っているのか!」

と泣きながら悔しがって悟空が

 悟空 「そりゃあ無理もねぇ…オラは肉体を持って大海王星でずぅ~と修業を続けてきたんだからなぁ」

 悟空 「魂だけになったオメェとは差がついて当たりめぇだ」

ベジータ「こ、この俺に慰めなんか無用だぁ!!」

 悟空 「やっぱりフュージョンは無理か…」

 悟空 「オメェはサイヤ人の誇り高き王子だもんなぁ」

 悟空 「ベジータ!わかった。とにかくここから非難するぞ。さっ、俺の腕につかまれ!」

 悟空 「ベジータ!早くしろ!奴は待っちゃあくれんぞ!」

ベジータ「俺に触るなあああ!!」

ベジータ「カカロット…カカロット、俺とフュージョンしろ」

最後デレた~w何このやりとりw
スポンサーサイト

theme : 店主のつぶやき(・∀・)
genre : 日記

プロフィール

フェーナ

Author:フェーナ
いらっしゃいませ。そちらの席へどうぞ。喫茶カフェーナの店長フェーナと申します。まだ始めたばかりの若輩者ですがどうぞよろしくお願いします!

遊戯王CGIもやっちゃったりしています。まだまだ未熟ですが。。。

絵も描いていますが、恥ずかしくてブログに載せることが滅多にありません。(オイ

店長はメイド好き。

ツイッター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

フォルちゃん、遅くなってゴメン(笑)エタバトが末期とな!今度暇があったらインしてみるね~!

おぉ?フォルちゃん、毎年ポッキーの記事見ていてくれたんだね!すまない

11/27 23:59 フェーナ

エタバトさんが末期らしいのでヒョコッとねw
今年はポッキーの記事がないっすね。いまでも糖類は好きなのでしょうか。
覚えてないとは言わせない。

とくに言いたいことな

11/16 19:00 フォル

てでぬさん、やぁ、てでぬ、久しぶり。もちろん生きているとも。ツイッターでは自分のつまらない独り言によく絡んでくれてありがとねw

ポケモンヒッキーだとぉ?逆に一

07/05 23:47 フェーナ

ふぇーな生きてたのかーーーーーーーーーー!!!!!
ポケモンヒッキーもいいがもうちょっとついったとかにも顔出そうぜ!!!!!

07/04 23:07 てでぬ

リーフェさん、久々のコメントありがとうございます!

スマホは自分買って間もないですが、早くも携帯が恋しくなってきました(泣)

一番の問題は接続が地味~に遅い

06/06 00:05 フェーナ

久しぶりに書き込ませていただきます。
テリーにスマホ、実は自分も購入の迷いにある物だったりします。

自分はシャドーが気に入ってます。
ジョーカー2では素早さは

06/02 14:39 リーフェ

紫狼さん、お久しぶりです~!そして、コメント大変遅くなりました(汗)

フェレット可愛いすぎて抑えれないこの気持ち!

やはり写真で見るよりも動いていたほうが

03/12 00:40 フェーナ

カウンター

今日の運試し!

十六夜咲夜の大きな懐中時計


まよねーず工場

相互リンクの皆様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。